債務整理を行うデメリットもあ

25 7月

債務整理を行うデメリットもあ

債務整理を行うデメリットもあります。代表的なものは、金融事故歴アリとして信用情報機関に登録されることです。その影響として、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。この期間についてですが、どの債務整理の方法を選んだかで借り入れ制限の期間が5年から10年の間で差があるため、一概には言えません。
私は様々な消費者金融から融資を受けていたのですが、返済することができなくなり、債務整理をしなければならなくなりました。債務整理にも色々なやり方があって、私に行ったのは自己破産です。
自己破産してしまうと借金がなくなり、負担が軽減されました。
予定していた日に返済が行われないと、債権者から翌日に確認があります。その時は、今度はいつ支払うと伝えれば、とりあえずはその日まで待ってくれるものの、その約束が不履行に終わるとまた借入先から督促の連絡が入るようになり、やがて訴訟に発展する可能性もあります。努力しているのにも関わらず長期的に見て返済の目処がたたない場合は、債務整理をすれば取立ては止みますし、手続き中は利息も発生しません。当時は家族に借金のことを隠していましたから、任意整理で返済の負担を軽減するつもりでしたが、その時にはもう借金が増えすぎていて弁護士と相談して個人再生を行いました。趣味の車は処分されましたが、家が処分の対象とならなかったのは有難かったです。
借金の総額を大幅に減額できたうえ、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、債務整理のおかげで生活や気持ちも安定しました。

どういった種類の債務整理であろうと、司法書士や弁護士等からの受任通知が届いた時から、取立て、催促といった行為はすべて禁止です。
しかしこの間、任意整理に限っては債権者が裁判所に訴えることも多いです。

債務整理の中でも唯一裁判所を通さないのが任意整理ですが、金融機関は返済を要求する権利があるので、債務整理の手続き中であろうと、提訴を止める理由にはなりません。
一部の消費者金融では、任意整理となるとすぐ裁判所に訴え出るところもある位です。一部の債権者を選んで借金の整理をする任意整理とは違い、その他の債務整理は、基本的にすべての債務を一度に整理します。

任意整理は、話し合いで互いの妥協点を探るので、場合によっては、債権者が取り合ってくれないこともあるでしょう。弁護士事務所などを通した方が安心ですが、この場合は、すべての借入状況を担当者に伝えてください。秘密にしたままでは、信頼できないと思われ、債務整理が上手くいかなくなるかもしれません。

債務整理を行うなら、司法書士や弁護士といったプロに頼るのが良いでしょう。
こうした依頼をするのならば、依頼料などを用意しなければなりませんが、そのお金を工面することができないと考えている方もいるでしょう。実は、事務所などに支払う料金は、債務整理後に分割払いなどで払うことが可能です。

金銭的な余裕のない依頼時に、まとめて請求されることはありません。ですから、気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

使いこなせば役に立つクレジットカードですが、ショッピングに利用し過ぎて借金地獄に陥る可能性があります。
この場合、債務整理をすれば、元本の借金や利子を減額したり、残った債務を分割して返済することもできるでしょう。けれども、クレジットカードの利用が制限されるだけでなく、場合によっては、カードで買ったものがクレジット会社に引き上げられることも考えられます。
他の全ての債務整理の方法と同じく、個人で手続きして過払い金の返還請求を行う事ができます。この手続きでは、まず取引履歴の開示請求をしますが、もしかするとその際にゼロ和解の申し出をされるかもしれません。残りの債務をゼロにするからこの話に片を付けようという発案です。

もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえば過払い分がいくらあるのかは闇の中です。
軽はずみにゼロ和解をすると損になる可能性も否めません。

債務整理の場合、弁護士と相談しなければならない事項がたくさんあります。

弁護士を選ぶポイントとしては、容易に相談できる弁護士を選んだ方がいいでしょう。

相談会のような場所で話しやすい弁護士を選んでもよいですし、周りの人の経験などを聞いて参考にする方法もあります。さいむ整理を一度したことのある人がその上でもう一度債務整理をすることを考えた時は、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

個人再生もしくは自己破産の方法をとった人については、債務整理をもう一度するには7年以上待つ必要があります。
一方、任意整理であれば期間は制限されません。

概して二度目の債務整理は最初に行ったときより承認が得られにくく、特に二回目に行う自己破産は簡単にはいきません。

私は借金をしたことで差し押さえされそうなので財務整理をする事を決心しました。債務の整理をしたら借金が大幅に少なくなりますし、差し押さえを免除されるからです。

近所にある弁護士事務所で相談にのって頂きました。

家族のような気持ちになって話を聞いてくれました。

過払い金があれば、借金を減らすことができるでしょう。この過払い金とは、つまり借金の返済の際に余分に払った利息のことです。2008年の法改正以前は、貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、債務者は法定外の利息の付いたお金を返済していたことになります。

この払い過ぎた分が過払い金です。

発生していた過払い金を返還してもらえば、債務の負担が減らせる可能性があります。
個人再生には複数の不都合があります。一番は高額であるということで、減額した以上に弁護士へ支払うお金が上回ったなんて事例もあります。

Bygla